ピットーレ富山環水公園」カテゴリーアーカイブ

ピットーレ富山環水公園、連日満員御礼です。

 

ピットーレ環水公園の写真を撮ってまいりました。

s1500img_3815

湯沢から約3時間半、遠いようですがその距離に慣れてきました。ピットーレ軽井沢までは約2時間半で遠いなあと思っていましたが、それよりも遠いピットーレ環水公園でも最近は慣れてしまいました。

到着するとお店はランチタイムで、満席の様子、店内には近寄りがたく、まずは外からの写真です。駐車場にはたくさんお客様がいらっしゃいます。(ランチタイムは女性のお客様ばかりだそうです。)

駐車場の看板がとてもきれいです。浮き上がった鉄文字とイタリア国旗の上にはピットーレのおなじみのマークもかっこいいです。両脇の石積みがおしゃれですね。手前の道路との境の石貼りもとてもきれいです。

お店と店横の駐車場との間には大きな桜の木、桜満開の季節がたのしみですね。

ピットーレ初の都会のお店です。開店早々連日の満席続きでスタッフも驚いています。新規開店1週間ですので、まだまだ準備不足、お客様への対応の不備など、いろいろとありますでしょうから、暖かく見守っていただけましたら幸いです。

まずは、このお店は、20年来のなかよしのこの二人が作りました。

s400img_4564

窯の上の太陽の笑顔がいいですね。

左の辻伊佐男は、ピースサインが間に合いませんでした。右はピットーレ環水公園の実質のオーナー、山口氏です。店内の家具調度品、飾りつけなどは山口氏のデザインです。

s400img_4353

ピットーレ環水公園の店づくりをとても楽しんでいらっしゃいます。素晴らしいお店になりました。

s1500img_4328

辻伊佐男手作りのシャンデリア、壁灯と山口氏が選んだ壁の絨毯。店内の床にもたくさん絨毯があります。

s1500img_4146

辻伊佐男手作りの玄関の陶器の看板、軽井沢店とは雰囲気がまったく違いますね。

s400img_4674

スタッフなべちゃんのステンドグラスももちろんあります。

st400img_4250

そして、なべちゃんこだわりの玄関床のモザイクタイル。

s400img_4651

今日のディナータイムは40名様のご予約です。右奥にいつものピットーレのピザ窯とグリルがあります。柱と梁は古材を新潟から運びました。

s400img_4292

客席横には、岩原本店と同じようにワイン庫があります。

s400img_4385

環水公園が見渡せる2階席もありますよ。

まだまだ、紹介しきれません。また、次の機会に。

ピットーレ環水公園にて。

お店から、

「ご予約のお電話をいただいたり、直接ご来店いただいたお客様には、連日の満席でお断りをせざるをえません。大変申し訳ございません。私共もまだまだ不慣れな点も多く、ご迷惑をおかけしている点も多々あると思います。まだまだ、お店はこれからですので、ゆっくりと見守っていただき、今後お店が落ち着いたころにご来店いただき本当のピットーレの雰囲気と味をお楽しみいただきたいと思います。いつものピットーレのピザ窯とグリルの薪の炎の温かさに癒され、ピットーレスタイルで、おいしいピッツァを片手にワインで乾杯しましょう。ご予約ご来店をお待ちしております。」

ピットーレ富山環水公園オープンしました。

600img_3290

ピットーレ岩原本店に20数年前から、富山からいつもご来店いただいているお客様がいらっしゃいます。ついにその方の願いが叶いました。いつか、富山にもピットーレができたら、という熱意が実りました。

そして、実際の構想3年、準備1年、建設開始2016年7月、やっとここまで来ました。急ピッチの建築工事にもかかわらず、建築工事に携わった富山県人の地道で勤勉な努力と熱意、そして協調、本当に素晴らしい建物が出来上がりました。

また、今回老体に鞭打って、鉄を叩き、壁の絵を描き、壁の手跡を付け、玄関床のモザイクタイルを貼り、、、、、いっぱい仕事をしたのが、ピットーレオーナーの辻伊佐男です。ぜひ、その成果を見てやってください。

鉄を叩いて作ったのは、ほとんどのロートアイアンの照明器具(大きなシャンデリア9台、壁の2灯33台、柱の1灯21台)、外の木の看板のブラケット、入口ドアの頑丈なドアハンドル、トイレのスライディングドアのハンドル、家具の取っ手、そして大きいものは、2階への階段のロープ風手すり(両側)などで。

左官屋さんと共同で作り上げた内装の手跡仕上げもすべて辻伊佐男作です。

外部の壁の絵は、早く足場を外したい外構工事関係の方々にご迷惑をおかけしながら、描き上げました。夜、雪の降る中ストーブを焚きながら、駐車場側(玄関側)の壁の絵が完成したのはなんと一昨日、オープン前々日です。

玄関入口の床には、ピットーレのロゴをモザイクタイルで作り上げました。試行錯誤しながら助手のスタッフ(なべちゃん)とともに、時間に追われながらも楽しくつくっていました。

これで、最後にしてほしいなあ、と言いながらも、まだまだ、鉄を叩きたそうです。

ピザ職人でありながら、鉄を叩いたり絵を描くのが好きなピットーレ(伊語で絵描き)辻伊佐男です。

とにかく、ここまで建築工事に携わり、ピットーレ環水公園オープンにご協力いただいたすべての皆様に、大いなる拍手と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

さあ、これから、新たな富山でのピットーレはどうなっていくのでしょうか。とっても楽しみです。

そして、何より、ピットーレを支えていただくのはお客様です。どうぞ、岩原本店同様今まで通り温かく見守り、ご来店、ご指導いただきたいと思います。

完成写真がまだ撮影できておりません。順々にお見せしたいと思います。

 

 

富山市環水公園の夜景

富山市の環水公園の夜景はとっても美しいことで有名です。昼も夜も、ご家族連れやカップルでにぎわっています。

600img_3681

600img_3656

そんな環水公園の前にピットーレがオープンします。

600img_3629

完成まではもう少し。そこで少しだけ辻伊佐男の描いた絵をお見せいたします。

600img_3290

どんなお店になるか、どうぞお楽しみに。

ホームページはこちらです。

http://kansui.pittore.jp/

新規プロジェクト進行中です。

極秘??新規プロジェクトの外壁に絵が描かれています。

20161020_1436201

もちろん、描いているのは辻伊佐男です。がんばって!

20161020_1436202

ピットーレ(絵描き)のイサーオはとっても楽しそうです。

近くで見るととても大きいです。

いつものことながら、大胆な色と構図です。

20161020_1436204

完成がたのしみです。

また、進展がありましたら報告させていただきます。